本文へ移動

PEEKとは 高機能樹脂の用途・実績

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)とは

PEEKは「Poly Ether Ether Ketone(ポリエーテルエーテルケトン)」の略号であり、日本語では「ピーク」と呼ばれます。
耐熱性耐薬品性に優れたスーパーエンプラの一つであり、医療機器や自動車関連部品として使用されています。
 
山田精工では開発中のマイクロニードルの材料としての実績があります。
医療用グレードのPEEKを用い、極細の針形状を形成。山田精工の高精度、超薄肉形状を成形する技術とも相性がよく、また耐薬品性が必要とされる医療機器の部品としても実績を積んでおり今後の展開に期待しています。

他にもエンジンまわりの自動車部品や高温ハンダが使用される電子部品にも採用されております。軽量化性能向上のために他の金属や樹脂などの材料を変更されることがあります。
 
PEEKのデメリットは樹脂自体が高価なことです。1kgあたり1万円以上するのが普通です。
ただし他の材料からのPEEK材への変更により小型・薄型が可能となれば材料の特徴を考えたときにコストパフォーマンスが良くなることも大いにしてあるため、積極的に検討されています。
更に高耐熱性の樹脂であるがゆえ、部品製作には高温成形する技術が必要であり、また耐熱仕様にカスタマイズされた成形機が必要です。

山田精工では長年LCPをはじめとしたの高温樹脂の製造をしてきました。
高温樹脂へのノウハウ高温仕様の成形機設備も完備しております。また医療用クリーンルームでも成形可能です。
 
PEEKは航空宇宙分野でも注目されており、軽量でなおかつ物性や耐熱性が優れているため金属や他の材料を代替する材料としても注目されています。
PEEK部品をご検討されておりましたらお気軽にお問い合わせください。材料選定から形状までご提案させていただきます。
お問い合わせはこちらから

山田精工での実績

開発品 PEEK製マイクロニードル

PEEK製マイクロニードル
PEEK製マイクロニードル
高い耐熱性、機械特性、耐薬品性などの優れた特性をもつPEEKを使用したプラスチック製注射針。

針部の最小肉厚は40ミクロン。超薄肉成形技術をPEEKで確立しました。
針部を形成するための精密加工技術は医療分野、自動車分野など幅広い展開が期待されている。

医療用 内視鏡先端部品

内視鏡先端部品
内視鏡先端部品
薬液や体液への耐性を考えたPEEKでの部品の製作。
内視鏡の先端部品として成形には精密加工の技術が使われている。
歯科用器具部品
歯科用器具部品
PEEKを薄肉の筒状に成形することにより、精密なチューブとしても展開が可能。
ベアリング保持具
ベアリング保持具
ベアリングのボールを保持する精密部品にもPEEKが組み込まれており、厳しい環境化であっても高い強度と寸法安定性を求められる部品に使用されている。
チューブジョイント・コネクタ
チューブジョイント・コネクタ
優れた耐薬品性により医療用器具としても多く用いられている。多様な酸・塩基に対する耐性があり有希望倍に対しても優れた安定性がある。
山田精工株式会社
〒946-0051
新潟県魚沼市今泉463番地
TEL.025-799-3555
 FAX.025-799-3557

───────────────
1.プラスチック射出成形による
 精密部品製造
2.射出成形用精密金型の設計・
 製作
 ───────────────
ISO9001 :2015認証取得
ISO14001:2015認証取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山田精工

山田精工株式会社(@niigata.yamada.s)がシェアした投稿 -

TOPへ戻る