本文へ移動

新しい発想のプラスチック製マイクロニードル

シート型微小針アレイ

新しい発想から新しい可能性へ

プラスチックで作られている新しい発想のマイクロニードルです。
金属を一切使用せずプラスチックだけで作られているため、金属アレルギーの方でも安心してご使用していただけます。
さらに金属に比べ低い温度での焼却処分が可能であり、使用後すぐに熱をかけて処分することができれば、従来のように金属針を燃えない医療廃棄物として分類する煩わしさや、廃棄の際の針刺し事故による感染の危険性を減らすことができます。 また形状変更の自由度が高く、今までは創れなかった形状を生み出すことができ、透明性非磁性体などの特性からはこれまでになかった付加価値をつけることができる可能性を秘めております。
 
「こんな形状は創れるか?」「この樹脂を試したい」などのアイデアがございましたらぜひお声掛けください。
試作から量産まで一緒に製品開発をし、形にしていくご協力をさせてください。
透明注射針
注射針が透明なことにより薬液や体液の確認が容易にできる
生分解性注射針
生分解性樹脂PGAで製作したマイクロニードル
水と二酸化炭素に分解される
●プラスチックの可能性
射出成形によって創り出される注射針では金属には出来ない形状や特殊な性質を持った材料の選択などの新しい可能性があります。
たとえば生分解性があるPGAを用いることにより、針が万が一体内に針が残ったとしても分解され、体内に吸収されるので安全です。
形状変更の容易さから生まれる可能性のひとつとし、先端部を球状に加工をすることができます。それにより美容整形の分野において、穿刺時にその周りの神経を傷つけるリスクが少なく安心して施術が行えます。
●金属との違い
透明が可能
非磁性体
絶縁性
断熱性
金属アレルギー
●特殊な金属アレルギーの方でも安心
誰にでもなる可能性のある金属アレルギー。いつ、どこで発症するかわからず一度発症すると治りません。アクセサリーを身に着ける女性、とくに40代以降のかたに多く発症されると言われています。
プラスチックのみで一切金属を使っていないため、一般的な注射針の材料であるステンレスやチタンなどの特殊なアレルギーの方にも安心して使用していただける樹脂製です。
MRI 山田精工 非磁性体
●プラスチック注射針の可能性
非磁性体のため今後普及が期待されるMRI(核磁気共鳴診断装置)などの診断装置使用時にも対応できる。
山田精工株式会社
〒946-0051
新潟県魚沼市今泉463
TEL.025-799-3555
FAX.025-799-3557
information@yamada-s.jp
───────────────
1.プラスチック射出成形による
  精密部品製造
2.射出成形用精密金型の設計・
  製作
───────────────
ISO9001 :2015認証取得
ISO14001:2015認証取得
TOPへ戻る