本文へ移動

極小38Gプラスチック製注射針

限りなく小さい注射針を目指して

プラスチックで極小注射針への挑戦

どこまで小さく精密な形状の針が創れるのか」という実験を兼ねて弊社で試作開発しております。
射出成形のみで針先の形状までをすべて作ることが出来るため、後加工の工程はございません。
ピペットディスペンサーの先端チップなどの用途として開発しております。先端が針形状になっていますので極微量の気体の吹き付けや薬液の注入を穿刺と同時に行うことが出来、また先端が小さく対象物へのダメージが最小限で済みます。
従来のチューブの引き伸ばしでは出来ない形状の製作、またプラスチックへの金属やガラスからの代替としての用途を検討しておりますので、試作開発のアイデアがございましたらぜひご相談ください。
極小成形薄肉成形に強みがありますので、こちらに関するお問い合せも受け付けております。
CAD図
針長1.2mm
外径0.12mm 内径0.08mm
材質:PP、PC、PEEK、LCP
38Gプラスチック製注射針
後加工なしで針形状をつくることが可能
針の大きさ比較
針と米粒の比較
●注射針と米粒の比較
針の全長が2mm、針の長さは1.2mm。
内径は80ミクロンを想定して製作した。極微量のガスの吹き付けや、薬液の注入等に発展させることを検討している。
38G36針マイクロニードルプロトタイプ
38G36針マイクロニードル形状見本
●38G36針マイクロニードル
穴をあけたプレートに一つ一つ差し込んで製作した形状見本。
針の間隔や形状次第では技術的に製作可能。
針の一本一本が中空になっており、従来のマイクロニードルよりも多くの薬液を注入することができる。
山田精工株式会社
〒946-0051
新潟県魚沼市今泉463
TEL.025-799-3555
FAX.025-799-3557
information@yamada-s.jp
───────────────
1.プラスチック射出成形による
  精密部品製造
2.射出成形用精密金型の設計・
  製作
───────────────
ISO9001 :2015認証取得
ISO14001:2015認証取得
TOPへ戻る