本文へ移動

超薄肉成形 最小肉厚15ミクロン

超薄肉成形 中空マイクロニードル 円筒肉厚0.015mm

精密金型製作と金型組み込み技術により最小肉厚0.015mmの成形品を製作することが可能です。
 
プラスチック製マイクロニードルの針は針長1.2mmであり、針の先端部の針外径は0.09μm、針内径が0.06μmで肉厚0.015mmの円筒形状になっています。
成形可能な樹脂はPP、LCP、PGAです。汎用プラに限らずLCPなどのスーパーエンプラでも実績があります。

この緻密な精度を出すにはミクロン以下での細かいコントロールによる金属パーツ製作が欠かせなく、また熟練技能者による寸分たがわぬ金型の組み込み技術が必要になってきます。
弊社では金型設計から組み込みまで一貫して行っているため、成形後のフィードバックを受けてからの修正のスピードに定評があります。

他社では断られるような高度な技術を必要とする薄肉形状部品のお話がございましたらぜひお問い合わせください。

LCP製中空マイクロニードル

LCP製中空マイクロニードル
超薄肉成形
針部先端の肉厚は15ミクロン
 
技術応用実績例
・極細注射針
・極小チューブ
・先端チップ
針先端 肉厚15ミクロン
針先端 肉厚15ミクロン
SEM(走査型電子顕微鏡)にて撮影

PEEK製中空マイクロニードル

高い耐熱性、機械特性、耐薬品性などの優れた特性をもつPEEKを使用したプラスチック製注射針。
 
針部の最小肉厚は40ミクロン。超薄肉成形技術をPEEKで確立しました。
 
山田精工株式会社
〒946-0051
新潟県魚沼市今泉463
TEL.025-799-3555
FAX.025-799-3557
information@yamada-s.jp
───────────────
1.プラスチック射出成形による
 精密部品製造
2.射出成形用精密金型の設計・
 製作
───────────────
ISO9001 :2015認証取得
ISO14001:2015認証取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山田精工

山田精工株式会社(@niigata.yamada.s)がシェアした投稿 -

TOPへ戻る